ボブソン Bobson 歴史

環境や人に優しい「スローファッション」の魅力とは?

流行りの服を手頃な値段で楽しめるファストファッションは、多くの方が知っていると思います。一方で、ファストファッションの対義として「スローファッション」という価値観が存在することをご存知ですか?

自然環境や人に配慮されたスローファッションは、近年ジワジワと注目を集めているんです。

この記事では、スローファッションのメリットや選び方を説明していきます。

スローファッションとは?

スローファッション(slow-fashion)は、流行に左右されずに、自分にとって本当に必要なアイテムを大切に長く着るという価値観のこと。

スローファッションのアイテムは、環境に優しい素材を使った、上質なアイテムが多く、生産国の労働環境にも配慮して作られています。

流行りの服を手頃な価格で大量生産する「ファストファッション」とは真逆の意味を持っています。

ファストファッションについては以下の記事を参考にしてください。

>>ファストファッションとは?安さの秘訣や抱える問題

BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | クラシック | japanjeans | ワイドフィットテーパード | インディゴ |622pro | ブリーチカラー

ワイドフィットテーパードジーンズ 622型復刻 ブリーチカラー/ユニセックス

¥19,800
XS /S /M /L /XL

スローファッションが注目される理由とは?

では、なぜトレンドの服が手頃な価格で手に入るファストファッションから一転して、真逆のスローファッションが注目されるようになったのでしょうか?

SDGsへの関心の高まり

SDGsとは「Sustainable Development Goals」を略したもので、日本語では「持続可能な開発目標」を意味します。

2015年9月に、世界150カ国を超えるリーダー達が参加して開かれた「国連持続可能な開発サミット」で決定され、2030年を達成期限として「17の目標」と「169の具体目標」が定められました。

その目標の中には、ファッション業界が取り組むべき課題も多く含まれています。特に『つくる責任 つかう責任』は、ファッション業界の大量生産・大量消費のシステムを問題提起し、企業や消費者共に、ファッションのあり方について考える大きなキッカケになりました。

環境問題への意識の変化

近年では、流行りの服が低価格で楽しめるファストファッションの、大量生産・大量消費が問題視されています。

また、ファストファッションは低価格を実現するため、環境に有害な化学的な素材や染料が使用されることが多く、それらの有毒な排水が現地の川や海に流れ込み、環境汚染が深刻化しています。毎年、20%の汚水がファッション業界から出ていると言われているんです。

さらに、ファストファッションは簡単に手に入るが故に、トレンドが過ぎると廃棄されやすい傾向にあります。

現在問題となっている、大量生産・大量廃棄に伴う環境破壊をストップするためにも、ファストファッションからスローファッションへの関心が高まっています。

新興国の人権を無視した労働環境への配慮

費用を抑えて衣類を作る時に、まず削られるのが人件費です。

価格の安い衣類を大量に作るために、新興国の人々が安い賃金で長時間労働を強いられています。

人権を無視した労働は、社会全体で解決すべき問題として認識されるようになり、人権に配慮したスローファッションが求められています。

コロナ禍で外出機会が減ったため

コロナ禍もスローファッションが注目される理由の1つとして挙げられます。

なぜなら、コロナ禍で外出する機会が減り、必要な洋服の数が少なくなりました。そのため、トレンドに流されずに、自分が好きな、着心地の良い、上質な洋服を選ぶ消費者が増えたのです。


BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | セルビッチ | クラシック | japanjeans | selvedgedenim | インディゴ | ストレートジーンズ

B-1969-XX-J セルビッチジーンズ Straight Selvedge Denim

¥33,000
24 /26 /28 /30 /32 /34 /36 /38 /40

環境にもあなたにも優しい、スローファッションのメリットとは?

では、スローファッションを取り入れることで、どのようなメリットがあるのかを考えてみましょう。

自然環境に優しい

スローファッションを掲げるブランドの洋服には、農薬や化学肥料・殺虫剤の使用を極力控えたオーガニック素材や・天然素材、リサイクル素材など、環境に負荷の少ない素材が用いられます。そのため、製造過程で発生する汚水の量が少なく、土壌汚染や水質汚染を軽減できます。

また大量生産を行わないため、衣類を作る時に使われる資源も少なくなり、CO2の排出も削減できます。

長く愛用できるのでコスパが良い

スローファッションは品質にこだわって作られるため、ファストファッションよりも商品の価格は高くなります。しかし、素材や作りがしっかりした丈夫なものが多いので、大切に扱うことで、長期間愛用できます。

流行りの安い服をシーズンごとに買い換えるよりも、結果的には経済的と言えるでしょう。

好きな洋服だけに囲まれて幸福度が上がる

スローファッションは流行にとらわれず、「本当に自分に似合うもの」「着心地の良いもの」が選ばれます。

自分のクローゼットにお気に入りの洋服だけが集まることで、クローゼットを見る度に幸福感を味わうことができます。

また、自分に似合う服を身に着けることで、自分自信に自信が持てるようになるでしょう。


BOBSON | ボブソン | 岡山デニム | デニムオーバーオール | ジーンズコーデ |  ベーシック | リベット | 高品質 | LEE | ユニセックス | 1980年代ファッション | 1970年代ファッション | オシャレ上級者 | サロペット | オールインワン

デニムオーバーオール ブリーチカラー ユニセックス

¥22,000
XS / S / M / L / XL

コーディネートに悩む時間が減り、余裕が生まれる

たくさんの洋服に囲まれると、毎日のコーディネートを考えるのも大変ですよね。

スローファッションは「量」より「質」。適切な量のお気に入りの服だけが手元にあると、毎日の洋服選びもスムーズになり、時間に余裕が生まれます。ほんの数分の時間かもしれませんが、毎日積み重なると大きな時間になります。

スローファッションの選び方

飽きのこないシンプルなデザイン

長く着るためには、流行のテイストや奇抜なデザインではなく、シンプルで着まわしの効く、飽きのこないデザインであることが重要です。

洋服を選ぶ時には、「手持ちの服と合わせやすいか」を考えて購入しましょう。

耐久性のあるタフな素材

長く着るためには、耐久性のある、丈夫な服であることも必要です。

すぐに毛玉ができたり、縮んでしまったり、首元がヨレてしまっては、どんなにお気に入りの服でも処分せざる得なくなりますよね。

スローファッションを意識する時には、丈夫な素材・しっかりした縫製の衣類を選ぶ必要があります。

ジンバブエコットン ベルボトムジーンズ レッドカラーデニム/ユニセックス

¥17,600
24 / 26 / 28 / 30 / 32 / 34 / 36

フィットしたサイズで着心地が良いこと

いくら見た目が素敵でも、着心地が悪くて、ストレスを感じる服は、手に取る回数が減っていきます。

例えば、素材が重くて肩が凝ってしまうとか、ゴワゴワした素材で肌触りが悪いとか、サイズが合わずに窮屈とか・・・。

着心地の良さは、長く愛用するためには、欠かせないポイントです。

自分に似合うアイテムを購入する

スローファッションを意識するなら、「価格」や「トレンド」ではなく、「自分に似合うか」を見極めて洋服を選びましょう。

自分の骨格や似合う色味などを知ることから、スローファッションへの1歩を踏み出してみるのも良いかもしれません。

経年変化を楽しめること

着る度に体に馴染んだり、色味が変わったり、経年変化が見られる服は、飽きずに長く着られます。

まさに、デニム製品は経年変化を楽しめる代表アイテムですよね。

 経年変化を楽しめるデニムこそ、品質にこだわった良品を手にとって欲しいと思います。

上質なジーンズを長く愛用することは、スローファッションの第一歩

品質・デザイン・縫製まで全てにこだわりの詰まったBOBSONのジーンズは、まさに、長く愛用できるスローファッションにぴったりのアイテムです。

自分に似合う、形、色味、サイズ、素材をしっかり見極めて、究極の1本を見つけてくださいね。


BOBSONオンラインショップはこちら




ボブソン | bobson | デニムエプロン | 岡山デニム | okayamadenim | デニム雑貨 | インディゴ | ブリーチカラー

2WAYデニムエプロン 岡山デニム【12オンス】 ブリーチカラー/インディゴカラー ユニセックス

¥8,250

トートバック プレゼント ボブソンオンラインショップへ